FOLLOW US

ザッケローニがカペッロの決断を支持「チームの管理は監督に任せるもの」

 日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督が、同胞のイングランド代表ファビオ・カペッロ監督の辞任について、『Sky』のインタビューで言及した。

 ザッケローニ監督は今回の辞任劇について、自らの見解を説明しつつも、カペッロの辞任に驚いた様子を見せている。

「メディアを通して、テリーに対する報道は追っていたんだ。しかし、辞任はテリーの問題だけではなく、FA(イングランド・サッカー協会)との関係が大きな影響を及ぼしたと思う。キャプテンを誰に任せるかは、監督が決定するものだからね。だが、辞任は思ってもみなかった」

 また、ザッケローニ監督は自らの体験談を例に、クラブと監督の関係について語り、今回のカペッロの決断を支持するコメントを残している。

「ウディネーゼ時代、私にも似たような出来事があった。マルコ・アモローゾの入団発表が行われた際に、彼が10番を背負うことも発表された。しかし、私はそのシーズンの前から10番を背負っていた(ジョヴァンニ)ストロッパにその番号を与えていたんだ。私はすぐにクラブに理由を問いだし、アモローゾは7番でシーズンをスタートすることになった」

「監督への尊重は、関係を築く上で基礎となるもの。チームの管理は監督に任せるものなんだ。だから、カペッロは彼の立場を守るために良い判断を行ったと思う」

 さらに、ザッケローニ監督はイングランド代表監督の後任候補にトッテナムのハリー・レドナップ監督を予想。カペッロの今後については明言を避けている。

[写真]=足立雅史

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA