2012.02.06

バーレーンがマレーシアに競り勝つ…韓国、ウズベクが首位堅守/ロンドン五輪予選

 ロンドン・オリンピック出場権を懸けたアジア最終予選第4戦が5日に行われ、グループCのもう1試合、バーレーン対マレーシアは2-1でバーレーンが勝利を収めた。

 マレーシアをホームに迎えたバーレーンは、1-1で迎えた88分に決勝点を奪い、貴重な勝ち点3を奪取。これでグループCは勝ち点9のシリアが首位、同勝ち点で日本、勝ち点6でバーレーンが追う形となった。

 アウェーでサウジアラビアと対戦したグループA首位の韓国は、1点ビハインドで迎えた後半ロスタイムにキム・ボギョンがゴールネットを揺らし、1-1の引き分けに持ち込んだ。これで韓国は2勝2分けの勝ち点8とし、首位をキープ。2位には勝ち点7のオマーンが続いている。

 グループB首位のウズベキスタンは、ホームでオーストラリアを2-0で下し、2勝2分けの勝ち点8で首位を堅守。2位には勝ち点5でUAE(アラブ首長国連邦)が続き、オーストラリアは勝ち点3の最下位に沈んでいる。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
16pt
川崎F
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
岡山
21pt
大分
18pt
東京V
18pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る