FOLLOW US

GK権田「やってはいけないミスだった」/ロンドン五輪予選

 U-23日本代表は5日、ロンドン・オリンピックへの出場権を懸けたアジア最終予選でU-23シリア代表と対戦。試合は前半にオウンゴールで先制を許し、永井謙佑の得点で同点に追いついたが、後半終了間際に失点し、1-2で敗れた。

 試合後のインタビューで、GK権田修一は以下のように語っている。

「本当に申し訳ないです。本当にみんな頑張ってくれていましたし、やっぱり最後に自分がゴールを守らないといけないところで、自分の仕事ができなかったと思う。それがチームのみんなと、全ての人に申し訳ない気持ちです」

「自分自身もしっかりやらないといけないですし、それは当然ですし。これで自分が下を向いてても、チームのためにはならないと思うので。今日のミスというのはやってはいけないミスだったので、それは肝に銘じて、残り2試合、点を取ることはできないですけど、チームを後ろから支えられるようにまた頑張っていきたいと思います」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO