2012.02.05

U-23日本代表がシリアに敗戦…ロンドン五輪出場に黄色信号

 U-23日本代表は5日、ロンドン・オリンピックへの出場権を懸けたアジア最終予選でシリアと対戦し、1-2で敗れた。

 シリアの情勢不安により中立地のヨルダンで行われた一戦は、序盤から日本がやや劣勢を強いられ、シリアの攻撃陣に付け入る隙を与えてしまう。15分には山崎亮平が競り合いの際に左腕を痛めて途中交代。すると18分、セットプレーからのオウンゴールで失点し、シリアにリードを許す。

 反撃したい日本は流れをなかなか引き寄せなかったが前半ロスタイム、山崎に代わり出場した大迫勇也のスルーパスに永井謙佑が反応。相手に引っ張られながらも右足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。前半のうちに日本が同点に追いつく。

 後半、日本は前半に続きシリアに押し込まれるが、なんとか守備陣が踏ん張り同点のまま終盤へ。しかし終了間際、アルサリフにミドルシュートを決められてしまい、土壇場で逆転を許す。

 結局、日本は同点に追いつくことができず、1-2で敗戦を喫した。この結果、日本とシリアは4戦を終えて3勝1敗。勝ち点で並んだが、日本は総得点でシリアに劣るため、グループ2位に転落。ロンドン・オリンピック出場に、黄色信号がともっている。

■U-23日本代表スタメン
GK権田修一、DF 酒井宏樹、比嘉祐介、濱田水輝、鈴木大輔、MF山村和也→扇原貴宏(75分)、東慶悟、山田直輝、山口螢、FW山崎亮平→大迫勇也(18分)、永井謙佑

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る