2012.01.26

FC東京4選手がゼブラヘッドのライヴに飛び入り参加「試合を見に来て」

 昨夏発売されたニュー・アルバム『ゲット・ナイス!』を引っ提げて日本ツアーを実施しているアメリカ発の最強パーティー・ロック・バンド「ゼブラヘッド」が、最終日となる25日の東京公演に「ゼブラヘッドのファン」だというFC東京の選手が遊びに来たことを知り、彼らにサプライズ・プレゼントを行った。

 ライヴ会場へ遊びに来たのは、昨年度のJ2リーグ戦を制してJ1昇格を果たし、天皇杯制覇を果たしたFC東京のMF田邉草民、椋原健太、幸野志有人の3人。「普段、あまりロックは聞かないけど、ゼブラヘッドは特別! 最新作『ゲット・ナイス!』も試合前によく聞いてます」とゼブラヘッドのファンであることを話した田邉らは、ライヴ前に楽屋を訪れ、FC東京のユニフォームをプレゼントすると、ゼブラヘッドからはTシャツをプレゼントされ、彼らとともに記念撮影を行った。

 写真撮影後にはMF大竹洋平もライヴ会場へ駆けつけると、ステージでは「今日は大事な友達が遊びに来てるんだ。J2チャンピオン、天皇杯チャンピオンのFC東京ボーイズ、カモン!」と、ゼブラヘッドがサプライズで選手4人を呼び寄せる展開に。ステージ上に立った4人は、ステージ上に設置されたバーカウンターでドリンクを振る舞われ、ゼブラヘッドはそのまま熱狂のライブを続行した。

 ライヴ後、大竹は「こんな刺激的なライヴを楽しんでいるオーディエンスの皆さんもぜひ、FC東京のJ1での戦いをスタジアムに見に来てほしい。僕も頑張ります」とコメント。また、「今度サッカー教えてよ!」というゼブラヘッドたちとも硬い約束を交わしている。

■ゼブラヘッド
アメリカ西海岸オレンジ・カウンティにて96年に結成された、メロディーとラップを担当する2人のヴォーカルを有する5人組。強烈にキャッチーなメロディーと強靭なロック・グルーヴ、そして誰もが思わず笑顔になるメンバーの面白キャラが、ここ日本でも熱烈な支持を受け確固たるファン・ベースを確立し、その人気はアルバム毎にゴールド・ディスクを獲得してしまうほど。09年暮にリリースされた女性シンガー・カヴァー・アルバムを経て、約3年ぶりのニュー・アルバム『ゲット・ナイス!』が昨夏発売となったばかり。

 photo by Naoaki Nashima

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
町田
68pt
大分
66pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る