FOLLOW US

ゴン中山、松田さんは「自分の信念を曲げない頑固な奴だった」

 2011年8月に急性心筋梗塞により急逝した元日本代表DF松田直樹さんの追悼メモリアルゲームのNaoki Friends対横浜F・マリノス・OBが22日に日産スタジアムで開催された。試合は17分、安永聡太郎がループシュートを決めて横浜F・マリノス・OBが1-0で勝利している。

 Naoki Friendsでプレーして会場を沸かせた中山雅史は試合後、以下のように語った。

「こうやってみんなで集まれるのはいいなと思った。ホテルからバスに乗るとき、ファンが見送ってくれて、昔はこういう中でプレーできていたんだなと思い、みんなでいいねと言っていた」

「マツは自分の信念を曲げない、頑固な奴だった。あそこまで貫き通せるやつはいない。ヒデ(中田英寿)にものを言えるのもマツだけだった。みんなは腫れ物に触るようヒデに接していたが、あいつは腫れ物を思いっきり殴っていましたからね(笑)。(フィリップ)トルシエに対してもそうだった。トルシエに対して あそこまで言えるのは、あいつと(森岡)隆三くらい」

「トルシエと久しぶりに話したが、今はフラット3と4バックを使い分けているらしい。こだわりはないんですかね(笑)。今日も監督というよりは、みんなとずっと写真を撮っていました」

「マツは相手にしたらすごく嫌な選手だった。するすると上がってきて点を取ったりするので、味方にすると本当に心強い選手でしたね」

「安永(聡太郎)のインタビューの時のノイズはすごく気になった。意味深でしたね。マツのいたずら好きの部分が出たんじゃないですかね」

[写真]=嶋田健一

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO