FOLLOW US

トルシエ監督「フラット3は松田直樹がいないとやる意味がない」

 2011年8月に急性心筋梗塞により急逝した元日本代表DF松田直樹さんの追悼メモリアルゲームのNaoki Friends対横浜F・マリノス・OBが22日に日産スタジアムで開催された。試合は17分、安永聡太郎がループシュートを決めて横浜F・マリノス・OBが1-0で勝利している。

 試合後、Naoki Friendsを率いたフィリップ・トルシエ監督は以下のようにコメントした。

「今日のイベントに参加できてうれしい。直樹に思いを伝えたかった。元代表の選手たちとともにして、自分が代表を率いていた当時を思い出した。直樹との思い出はたくさんある。直樹と一緒にワールドカップ初勝利を挙げられたのは素晴らしい経験だった。練習では厳しく接することも多く、反発することもあった が、オフでは楽しい思い出ばかりだ。北の丸(2002年ワールドカップの宿舎)で直樹にプールへ突き落とされたのをよく覚えている」

「今日は試合の内容よりも、このイベントを成功させたかった。直樹を愛しているサポーターと家族のような代表選手たちが集まったことを、直樹は誇りに思っているだろう。きっと直樹はここへ一緒にいると思うし、喜んでいると思う」

「(フラット3はしなかったのか?)フラット3は直樹がいないとやる意味がない。森岡、宮本、中田浩二がフラット3を理解していたが、直樹の存在は不可欠。今日は4バックでやるのが妥当だったと思う」

[写真]=足立雅史

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA