2012.01.19

浦和の新戦力・槙野が得点王宣言「攻撃陣よりもゴールを挙げたい」

 浦和は19日、埼玉スタジアムで新加入選手記者会見を行った。会見後、日本代表DFの槙野智章は、次のように語っている。

「(浦和のユニフォームを着てみて)ケルンに続き、僕の体にまた赤い血が注入されますね(笑)」

「柏木(陽介)にはあえて相談しませんでした。純粋に自分の思いに忠実であろうと考えました。家族から『お前のサッカー人生、自信を持って決めろ』と言われたことが最大の後押しになりました」

「海外でも浦和というクラブは知られています。日本のクラブと言えば、よく浦和の名前が挙がります」

「海外への思いは持っていますが、この1年は浦和のために全力を尽くす。サポーターの力、声援は選手に届くから、ホームのアドバンテージが浦和にはあります。広島時代も『埼スタではやってやろう』と思っていたけど、今は浦和の選手として『やってやろう』という思いがあります。早くサポーターの前でプレーしたいですね」

「背番号は最初に5番を要求したけど、(高橋)峻希くんという良いプレーヤーがいるし、通らなかった。次に50番を要求したけど、それも通らなかった。20周年で20番という背番号をいただいたので、がんばりたいと思います」

「自分の中では無駄ではなかった1年。それを証明するためにも、今シーズン、今後の戦いが大切になってくる。本当に良い1年だったと、自信を持って言えます」

「3バックのサイドが一番自分を生かせるポジションだと思います。ペドロヴィッチ監督には、冗談で『1トップも任せるかもしれない』と言われました(笑)。どんなポジションでも、与えられたポジションで全力を尽くしたい」

「(ミハイロ)ペドロヴィッチ監督には『よく決断してくれた』と言ってもらった。監督にタイトルをプレゼントできていないので、浦和でタイトルを獲得し、本当の笑顔をプレゼントしたいと思います」

「香川(真司)からは『ドイツに残ったほうがいいのでは』とも言われたけど、自分の選択を尊重した。柏木には『俺の近くには住むな』と言われ、ペドロヴィッチ監督には『都内には住まないでほしい』と言われています(笑)」

「ヨーロッパでプレーという夢はあきらめていない。ただ、今をしっかりと噛みしめて、目の前にあることに全力を尽くすことが、その先につながっていく。浦和で求められることをしっかり実行したいと思います」

「DFWとして、(原口)元気くんや(田中)達也さんら攻撃陣よりもゴールを取りたい。公式戦で約1年点を取っていないので、ゴールに飢えているし、PKもFKも積極的に名乗り出ようと思います」

[写真]=足立雅史

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る