FOLLOW US

世界リーグランクでJリーグが25位…アジア最上位は韓国の18位

 国際フットボール歴史統計連盟(IFFHS)で、2011年度の世界リーグランキングを発表され、日本のJリーグは25位に選出された。

 同ランキングは、各国のリーグやカップ戦、国際試合の成績を基に算出。1位には2年連続でスペインが選ばれ、2位にイングランド、3位がブラジルと上位を占める結果となった。

 なお、アジア最上位は、18位に韓国がランクインしている。

 ランキングは以下の通り。

■2011年世界リーグランキング
1位 スペイン(1194ポイント)
2位 イングランド(1103ポイント)
3位 ブラジル(889ポイント)
4位 ポルトガル(886ポイント)
5位 フランス(883ポイント)
6位 ドイツ(880ポイント)
7位 イタリア(873ポイント)
8位 アルゼンチン(840ポイント)
9位 オランダ(791.5ポイント)
10位 チリ(741.5ポイント)
18位 韓国(589ポイント)
25位 日本(521ポイント)

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA