FOLLOW US

小倉会長「日本の皆さんが頑張っている姿が評価された」/帰国会見

 FIFAバロンドールを受賞したなでしこジャパンのMF澤穂希や、FIFA女子年間最優秀監督賞を受賞した佐々木則夫監督が11日、日本へ帰国した。

 帰国会見で日本サッカー協会の小倉純二会長は以下のように語っている。

「一昨日の表彰式で佐々木監督が最優秀監督、澤さんが最優秀選手に選ばれ、日本サッカー協会がフェアプレー賞をいただきました。8つのアワードのうち、3つを日本がいただけたのは大変名誉なことだと思います」

「本当に2人におめでとうと言いたい。日本人はおろか、アジア人は1度も受賞したことがなかった。受賞式にはたくさんのアジアの方も参加されていたが、皆さん、アジアの名誉だと言ってくださった」

「フェアプレー賞は、日本は1度もらっています。2002年のワールドカップの時に頂きました。今回は、昨年7月のメキシコでのU-17ワールドカップでフェアプレー賞を取り、女子ワールドカップでもフェアプレー賞をいただきました。これはFIFAの歴史上でも今までなかったことです」

「大震災がありながら日本の皆さんが頑張っている姿、クラブ・ワールドカップを成功させたことが評価された賞です」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA