FOLLOW US

途中出場で流れを変えた市船MF池辺「監督を胴上げしたかった」/高校選手権

 第90回全国高校サッカー選手権は9日、東京・国立競技場で決勝が行われ、市立船橋(千葉)が延長戦の末に四日市中央工(三重)を2-1で下し、9大会ぶり5度目の大会制覇を果たした。

 以下、後半途中からの出場となったMF池辺征史のコメント。

「とにかく朝岡監督を胴上げしたいと思ってやってきて、それが達成できて本当に充実感でいっぱい」

「(途中出場だったが)今日のスタメンが発表されたときに、 朝岡監督からは、お前がウチの切り札だから、絶対出番はあるからと言われていた。こういう言い方が正しいかどうかは分からないが、今日の試合であればスタメンで出るよりも途中からのほうが僕の空気でプレーできるのではないかと思っていた」

「出場してからは、とにかく深い位置まで入ってドリブルをして、CKを取ろうと意識していた。ウチはセットプレーで1点は必ず取れるし、延長に入れば走り勝つことができるという確信があった。本当にうれしい」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO