FOLLOW US

就任1年目で選手権制覇の市船・朝岡監督「これは夢じゃないか」/高校選手権

 第90回全国高校サッカー選手権は9日、東京・国立競技場で決勝が行われ、市立船橋(千葉)が延長戦の末に四日市中央工(三重)を2-1で下し、9大会ぶり5度目の大会制覇を果たした。

 昨年4月から名門・市立船橋を率いてきた朝岡隆蔵監督は、「優勝をしたい、優勝させたいと心の底から思っていたので、表彰式でスタンドに登っていく選手たちの後ろ姿を見たときに、これは夢なんじゃないかと思った」とコメント。就任1年目での快挙に「大変なことを達成したと思うし、だからこそ、選手たちを誇りに思う」と選手を褒め称えた。

 試合開始直後に失点した前半は劣勢を強いられたものの、後半は幾度となく相手ゴールに迫った。「彼らの日々の練習や生活態度を見る中で、それだけの力があると分かっていた」という朝岡監督は、後半ロスタイムからの逆転劇について「ああいう形でのゴールというのは、本当に彼らの強い気持ちが生んだものだと思う」と語った。

 試合後には、選手たちから胴上げの祝福を受けた朝岡監督。「ピッチ上での甘さ、言い訳、逃げなど、最近の若い選手はそういうものがありがちだと言われる中で、彼らはそれを自分の問題として捉え、自分を変えていくという作業にアプローチし、それを成し遂げた」と最後まで選手たちを称賛していた。

[写真]=足立雅史

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO