FOLLOW US

後半ロスタイムからの逆転劇…市船を救った和泉「僕らは最後まで諦めない」

 第90回全国高校サッカー選手権は9日、東京・国立競技場で決勝が行われ、市立船橋(千葉)が延長戦の末に四日市中央工(三重)を2-1で下し、9大会ぶり5度目の大会制覇を果たした。

 後半ロスタイムまで1点ビハインドを背負っていた市立船橋。絶体絶命のピンチを救ったのは、主将のFW和泉竜司だった。初戦の長崎日大戦で1点ビハインドの後半終了間際に2得点を挙げてチームを勝利に導いた主将は、この日も後半ロスタイムにCKのこぼれ球を押し込み、起死回生の同点弾を奪取。延長後半には「イメージどおり、コースをしっかり狙って打った」という、鋭い切り返しからGKの手を弾き飛ばす強烈なシュートを叩き込み、5度目の大会制覇に大きく貢献した。

 試合開始1分に失点も、「1点は絶対に取れるとみんなが思っていたので、失点してもすぐに切り替えられた」という和泉は、「延長に持ち込めば、自分たちの運動量と選手層が勝ると思っていた」とコメント。「このチームは、みんなが強い意志を持って、最後まで諦めない。人間的にも本当にいいチームだと思う」と胸を張った。

 インタビュー中には、ロッカールームから仲間たちの喜びの声が漏れていたが、「今日は何でもありです」と笑顔で答えた和泉。不屈のエースがチームを頂点へと導いた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO