FOLLOW US

市立船橋が四日市中央工を延長戦で下し9大会ぶり5度目の大会制覇/高校選手権

 第90回全国高校サッカー選手権は9日、東京・国立競技場で決勝が行われ、市立船橋(千葉)が延長戦の末に四日市中央工(三重)を2-1で下し、9大会ぶり5度目の大会制覇を果たした。

 四日市中央工は開始1分、CKのこぼれ球に反応したFW浅野拓磨がゴールネットを揺らし先制。しかし、市立船橋も粘りを見せ、後半ロスタイムにCKからFW和泉竜司が押し込み、試合は10分ハーフの延長戦へ突入する。

 そして迎えた105分、市立船橋は和泉がこの日2点目となるゴールを叩き込み、逆転に成功。その後はこのリードを守り切り、2002年度大会以来となる頂点に輝いた。

 第70回大会に元日本代表FWの小倉隆史氏や同DF中西永輔氏らを擁して帝京(東京)と両校優勝を果たして以来、20大会ぶり2度目の優勝を目指した四日市中央工だが、延長戦で力尽きた。

[写真]=平山孝志

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO