2012.01.06

徳島MF柿谷がC大阪復帰「3年前のことをずっと反省していた」

 C大阪は6日、MF柿谷曜一朗が徳島での期限付き移籍期間満了に伴い、チームに復帰することを発表した。

 4歳からC大阪の下部組織で育った柿谷は、クラブ最年少記録の16歳でプロ契約。2006年に行われたAFC U-17選手権では日本を優勝に導き、大会MVPに選ばれるなど注目を集めたが、2009年には徳島へ期限付き移籍していた。

 柿谷はクラブの公式HP上で、コメントを発表している。

「セレッソに復帰することになりました。クラブやサポーターの期待を裏切ってしまった3年前の行動や言動を振り返ると、本当に申し訳ないことをしたと自分の中でずっと反省していました。」

「徳島では、プロの選手としてサッカーをすること、チームで試合に勝つ喜びを改めて感じることができました。セレッソで育ててもらえた自分が、セレッソの力になれるのであればと思い、2012シーズンから復帰することに決めました」

「徳島で本当の意味でプロのサッカー選手としての歩みをスタートでき、3年前のことを忘れてもらうことは難しいと思いますが、早く皆さんに認めてもらえるよう、これからは大阪のピッチでセレッソのために全力で闘っていきたいと思います」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る