2012.01.05

ファン2000人が選ぶ“海外日本人で最も期待する選手”は香川

 2011年は日本サッカーにとって飛躍の年となった。日本代表は1月のアジアカップでオーストラリアを下して優勝。ワールドカップ予選でも順当に最終予選へと駒を進めた。Jリーグでは最終節まで優勝、残留争いが白熱。

 そして何より海外日本人選手の飛躍が目立った。長友佑都はインテルへ移籍しレギュラーをつかみ、香川真司はドルトムントでブンデスリーガ制覇を経験。また、宮市亮がオランダで旋風を巻き起こし、アーセナル復帰を勝ち取るなど、明るい話題が多かった。

 そこで『SOCCERKING』では、ユーザーを対象にアンケートを実施。2012年に最も期待する海外日本人選手を選出してもらい、2103人から回答を得た。

 1位に輝いたのは香川。新シーズンではスタートで苦しんだものの、徐々にフィットするとドルトムントに欠かせない選手だと証明するパフォーマンスを披露。前半戦2位での折り返しに大きく貢献した。

 2位となったのは長友。強豪インテルにおいてレギュラーを獲得し、2011年末には2試合連続ゴールを記録するなど、高いパフォーマンスでチームをけん引した。不調にあえいだインテルも、5位に浮上。長友が担っていた役割は、決して小さなものではない。

 3位にはCSKAモスクワの本田圭佑がランクイン。故障により戦列を離れる時期が続いたが、「故障に負けないで!!」など、完全復活を望む声が相次いだ。

 また、4位にはアーセナルの宮市亮、5位にはセビージャの指宿洋史が続き、日本サッカーの将来を担う次世代の選手たちに対する期待も高まっている。

■2012年に最も期待する海外日本人選手ランキング

1位 香川真司(423票)
2位 長友佑都(317票)
3位 本田圭佑(310票)
4位 宮市亮(266票)
5位 指宿洋史(152票)

※アンケート結果完全版はこちらから

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る