2012.01.01

京都・大木監督「ゴール前での違いがはっきり出てしまった」/天皇杯

 1日に第91回天皇杯全日本サッカー選手権の決勝が行われ、FC東京が4-2で京都を下し、初優勝を果たした。

 以下、京都・大木武監督のコメント。

「まず、選手に感謝したいと思います。リーグ戦が終わって、J1を破ってくださいと言われたところから、佐川印刷、鹿島に勝って、その次に国立へ連れて行ってくださいと言われて、湘南に勝って、今度は決勝に連れて行ってくださいと言われて……、優勝できませんでした(笑)。そこまで連れて行ってくれた、選手、後援会やスポンサーなどに本当に感謝したいと思います」

「J2同士の決勝でレベルが低いんじゃないかと言われたこともありますが、FC東京さんにはおめでとうと言いたい。FC東京の素晴らしいサッカーには拍手を送りたいと思います。ぜひ頑張って欲しいと思います」

「秋本(決勝は出場停止)がいないところに誰かをいれて、どういうフォーメーションにするのかは考えました。安藤を真ん中に持ってくる、ウチは色々なポジションをやりますんで、右サイドに加藤弘堅を入れました。基本的なディフェンスのコンセプトは変わりません。ただ、FC東京の前の4枚はかなりクオリティが高いし、流動的なのでそのような形で対応しました」

「2、3失点目は本当に残念でした。攻撃の際の4分の3のエリアのところでの違いがはっきりでたなと思います。良いアイデア、技術を持ってFC 東京に立ち向かわなければならなかった」

「FC東京はサイドのスペースを切るのが早かったですね。椋原と徳永についていけなかったです。最後の部分はなんとかなるかなと思っていたけれど、そこが問題でした。あとは、石川が速かったですね」

「正直、バタバタしたと言うよりも、ちょっとやられているなという感じはしました。ボールを持って攻めて行っても、取られちゃうんですね。そこからカウンターを受けていたので、後手を踏んでいたなという感想はあります」

「(FC東京の)ディフェンスに関してはそんなに怖いとは思わなかった。最後、FC東京は引いて守ったと思いますけど、ああいう中でもスペースをうまく見つけてボールを運べないと。ただ、自分たちの技術のなさ、相手の守備の強さ、今野なんかは強いですよ、やっぱり。最後のところですね。どうしても競り負けたり、ディフェンスの強さに阻まれましたね。ただ決して運べなかったわけではないので、あのまま続けることが得点に結びつくと思いました」

「久保に関してはそのまま伸びて行ってもらいたい。下手に指導者が才能を潰すことがないようにしたいと思います」

「シーズンに関しては波が大きかったと言うよりも、前半戦に勝てなかったですね。10試合目あたりから、勝ち点3が取れていたわけではなかったけれど、落ち着いたゲームが多くなってきたと思います。監督が変わるわけではないので、来シーズンも今の持っているものを伸ばして行っていきたい。技術、スピード、アイデアなんかはどんどん伸ばしたい。J2でもそう簡単には勝てる状況ではないと思いますので、もっともっと練習しないといけないと思います」

[写真]=兼子愼一郎

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
41pt
町田
40pt
大分
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
34pt
鹿児島
30pt
沼津
29pt
Jリーグ順位をもっと見る