2012.01.01

INAC神戸MF川澄「今年も良い1年になりそう」/女子選手権

 1日に第33回全日本女子サッカー選手権の決勝が行われ、INAC神戸が新潟レディースを3-0で下し、2年連続2度目の大会制覇を達成した。

 以下、INAC神戸MF川澄奈穂美のコメント。

「1年間の結果として自信になる勝利。チャンスをしっかりものにできれば、もう少しいけたと思いますけど、流れを変えられるのがINACの強み。苦しい大会でしたが、優勝という結果で締めくくれて良かったです」

「あっという間でしたが、2011年は本当に充実した1年でした。みなさんに支えられて1年間やってこれました。勝つ喜びを知っている、それがモチベーションにつながると思います」

「今季は新加入選手が多かった。来季のほうがもっと強くなれるはずです。代表もINACも、どのチームでも勝つために準備をして、すべてをやり切ってピッチに立つ、それが大切だと思います」

「激動の年にキャプテンをやらせてもらったことは、とても良い経験になりました。本当に周りが支えてくれたのが大きかったです。結果を出すことで支えになる、そんなプレーヤーに成長していきたいと思います」

「現役でやっているうちは忙しいほうが幸せです。1年前も優勝という良いスタートを切り、良い1年になりそうだなと感じました。昨年同様、元日に勝てて今年も良い1年になるなと。五輪もありますが、意識しすぎず、世界一を目指していきたいと思います」

[写真]=兼子愼一郎

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る