2012.01.01

新潟L・奥山監督「やりたいことができなかった」/女子選手権

 1日に第33回全日本女子サッカー選手権の決勝が行われ、INAC神戸が新潟レディースを3-0で下し、2年連続2度目の大会制覇を達成した。

 以下、新潟レディース奥山達之監督のコメント。

「このトーナメントへ参加するにあたって、INAC、ベレーザ、浦和など戦いたい相手とつかせてもらう良い位置にありました。ただ、僕らのやりたいことが出せずに終わってしまったという印象です。優勝は逃しましたけれど、サポーターは日本一だったのではないかと思います」

「(INAC相手に試したいことがあると言っていたが?)たくさん試したいことがあったが、そのうち攻撃のところで試したいことがあった。前半はロングボールが多くなってしまったが、後半は良くなった。だが、うちのサッカーはなかなかうまくいかなかった」

「守備に人数をかけることが重要だった。その中で相手にかわされないということが大事なのだが、なかなかそれを続けることは難しかった。また、奪った箇所でロングボールの精度を上げなければいけないが、そのあたりがなかなかうまくいかなかった」

「失点の部分はセットプレーなので、笛の吹かれ方には疑問はある。後半に関しては、ロングボールだとかの精度も上げていかなければいけないということで入っていったが、なかなか思うようにいかなかった」

「相手がリーグ女王ということで、僕らには失うものがなくて、ベレーザや浦和などに対しても向かっていく気持ちで、最後までやり抜くことを目標としていた。90分間の彼女らのメンタリティは高いものがあったと思うし、次のシーズンにつながると思う」

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る