2011.12.26

日本代表の新ユニフォーム発表…選手、サポーターをつなぐ「結束の一本線」

 日本サッカー協会は26日、さいたまスーパーアリーナでサッカー日本代表「結束式」を行い、2012年から着用される各カテゴリーの日本代表新ユニフォームを発表した。

「Japan is all in」「日本結束。」のコンセプトを元に作られた新ユニフォームには、真ん中に一本線が入っており、あらゆる逆境に屈することなく前進するため、選手やサポーター全ての人々の結束を表現。選手が着るユニフォームの襟には、「all win for Japan」というサポーターへのメッセージが刻まれており、サポーターが着用するレプリカには、「all support for Japan」という選手へのメッセージが刻まれている。

 一本線の色は、各カテゴリーで異なり、サムライブルー(男子日本代表)は赤、なでしこジャパン(女子日本代表)はピンク、フットサル日本代表はエレクトニックイエローとなっている。

 発表会には、香川真司や長谷部誠、鮫島彩、原田浩平など、新ユニフォームを身にまとった各カテゴリーの日本代表選手18人が登場。長谷部は、「応援してくれる人々、選手みんながひとつになって団結していけるように頑張りたい」と話し、発表会に参加したなでしこジャパンの佐々木則夫監督は、「(新ユニフォームは)素晴らしいの一言。選手だけでなくサポーターみんなと結束したい」とコメントした。

 発表会後半には、日本代表の応援時に使用されるジャイアントジャージとともに、選手とサポーターたちが記念撮影。その後は選手たちが子どもたちにサッカー教室を行うなど、早くも日本サッカーの結束を示している。

 新ユニフォームは、2012年の試合から着用される予定。

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る