2011.12.24

中田氏が被災地の子どもたちにXマスプレゼント「できることはやっていきたい」

 元日本代表MFの中田英寿氏が理事を務める一般財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」は24日、東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島各県の子どもたちに、クリスマスプレゼントとしてジャージをプレゼントし、中田氏は福島県相馬市立磯部中学校で行われた寄贈式に出席した。

 東日本大震災後の緊急支援として4月にシンガポールで、5月にタイで行われたチャリティー・サッカーマッチの寄付総額は約3900万円にのぼり、両国赤十字社を通じて日本赤十字社に寄付された。

 これを受けて、日本赤十字社と「TAKE ACTION FOUNDATION」は、岩手、宮城、福島の3県で津波の影響で私財などが流されてしまった子どもたちへ、練習用ジャージの寄贈を行うことを決定。サッカー協会に登録している岩手、宮城、福島の3県で津波の被害地域として各県サッカー協会が認定しているチームの中で、申請をした3655名のサッカーをしている小中高生全員にジャージをプレゼントすることになった。

 震災後、初めて福島の被災地を訪れた中田氏は、震災で被害を受けたサッカーをやっている小中高生144人と実際に触れ合ったあと、最後にはジャージを受け取った子どもたち全員にサインをし、自身が社外取締役を務める東ハトのお菓子をプレゼントした。

「クリスマスにこだわってプレゼントを贈りたかった」と言う中田氏は、「悲しみは共有するものではなく、自分で解決することのほうが大きい。しかし、楽しみはみんなで共有できるもの。クリスマスに子供たちにジャージをプレゼントできてよかった」とコメント。ジャージをプレゼントされた子どもの代表は「期待にこたえられるように頑張ります」とお礼の言葉を述べている。

 中田氏は今後の活動に関して、「具体的には決まってはないが、自分ができることはやっていきたい」と意欲を示している。

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る