2011.12.17

旭川実、鹿島ユース、神戸U-18、作陽が高円宮杯プレミアLに参入

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2011 プレミアリーグ参入戦が17日に行われた。

 参入戦では、旭川実業高校が、磐田ユースを1-0で下し、鹿島ユースは星陵高校に2-0で勝利。神戸U-18は大津高校に4-1、作陽高校は済美高校に5-1とそれぞれ快勝した。

 この結果、勝利した旭川実業高校、鹿島ユース、神戸U-18、作陽高校の4チームが来季からのプレミアリーグへの参入を決めている。

 高円宮杯U-18プレミアリーグは2011年から新たに創設された大会で、プリンスリーグの上位に位置づけられる。全国20チームをイーストとウエストの2リーグに分け、総当たり戦を実施。イースト、ウエストの各優勝チームが、高校年代ナンバーワンの座を懸けて、チャンピオンシップで対戦する。

 なお、各リーグの下位2チームはプリンスリーグに自動降格。プリンスリーグ各地域の優勝チームが参入戦を行い、勝利した4チームがプレミアリーグ出場権を手にする。

[写真]=野口岳彦

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る