FOLLOW US

サントス戦に自信を示すワグネル「柏は勝つに値する」/クラブW杯

 11日に「TOYOTA プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2011」準々決勝が行われ、1-1からのPK戦の末、柏レイソルがCFモンテレイから勝利を収めた。

 試合後に、柏のジョルジ・ワグネルと橋本和が、以下のように語っている。

ジョルジ・ワグネル
「次に進めてうれしい。1試合目よりも今日、今日よりもサントス戦のほうが厳しい試合になると思う」

「モンテレイの中盤から前の選手の特徴、どういった運び方をするのかといったそれぞれのプレースタイルに対してはしっかりと準備をし、情報を得ていたので、ピッチ上で驚くようなことは一つもなかった」

「この大会はブラジルでも非常に注目されている。ブラジルのチームと、ブラジル人が率いてブラジル人がプレーする日本のチームが準決勝で対戦するだけでもモチベーションが上がるし、期待感も持っている。サントスに勝つのは簡単ではないが、レイソルはそれに値する可能性を秘めたチームだと思っている」

橋本和
「リズムが出てきてからは何度か仕掛けられるようになったが、相手の個々の能力はすごかった」

「前半は相手に押し込まれていい形を作れず、リズムをつかめなかった。ハーフタイムに監督から『もっとサイドハーフまで上がれ、下がるな』と言われ、後半はそれを徹底してやった」

「(失点シーンは)ワンチャンスをしっかり決めてくる。さすがだと思う。相手の勢いになりそうだった」

[写真]=足立雅史

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO