FOLLOW US

浦和、堀之内と契約延長せず「本当に『ありがとう』しかない」

 浦和は、堀之内聖と来季の契約を延長しないと発表した。

 堀之内は2002年に浦和へ加入し、2005年にはリーグ戦で23試合に出場。以降、コンスタントに出場し、2006年のリーグ優勝などタイトル獲得に貢献してきた。しかし、今季は、公式戦への出場はなかった。堀之内はクラブを通じて、以下のようにコメントしている。

「今回はこういう結果になりましたが、チームからはクラブの力に、という話もいただきました。そんな中、ケガなどもあって、最終戦はようやくベンチに入れたという流れもあるので、今後については正直なところ、正確にはまだ決めていません。お話をいただいたので、そちらも考えながら、まだ天皇杯も残っていますので、プレーヤーとして集中して、その中でプレーヤーとしての可能性もまだゼロではない、ということです」

「チームの方からは最終戦の後にセレモニーを、という話もいただいたんですが、レイソルの優勝がかかった大一番ということもあり、また、残留も確定ではなかったので、その後にセレモニーというのは、自分の方からお断りさせていただきました。チームメートも動揺というかそういう ものはさせたくなかったので、最終戦の後に、みんなには伝えることになりました」

「10年間、レッズでプレーをさせてもらって、本当に、感謝の言葉 しかないです。チームメート、クラブスタッフ、すべてに感謝していますし、サポーターにも、本当に、感謝しかないです。ありがとうとか、そういう ありふれた言葉でしか言えないですが…。本当に、ありがとう、それしかないです」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA