2011.12.07

磐田、森下新監督の就任を発表「クラブが求める人物だと確信」

 磐田は、森下仁志氏を来季の新監督に迎えると発表した。

 森下氏は現役時代、G大阪や札幌でプレー。2004年から磐田でプレーし、2005年に現役から引退して以降は同クラブでコーチを務めていた。監督職に就くのは、今回が初めて。

 吉野博行社長は、森下氏の監督就任について、以下のようにコメントしている。

「磐田は、2009年に『原点回帰』をスローガンに掲げ、柳下正明監督にチームの立て直しを託し、世代交代とチームの基礎固めを進めてまいりました。ヤマザキナビスコカップ、スルガチャンピオンシップの優勝といった成長の証を勝ち取る一方、Jリーグでの順位目標は未達成に終わりました。そこでこのたび、この3年間の基礎を土台とし、新しいジュビロ磐田としてスタートする決意を致しました」

「確固たる哲学、指導スタイルを持ちながらも、進化する次世代サッカー理論を常に意識し、森下氏自らも常に成長し続けようとする向上心を含め、現在のジュビロが求める監督像にふさわしい人物だと確信し、またこれこそが、これからの新しいジュビロ磐田の特徴となると考えております」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
6pt
C大23
6pt
藤枝
6pt
Jリーグ順位をもっと見る