FOLLOW US

フィテッセ安田が恩師・西野監督に感謝「日本人で一番の監督」

 フィテッセに所属する日本代表DF安田理大が、今季限りでG大阪を退団する西野朗監督への感謝の気持ちを自身のブログにつづった。

 安田は、「勝てば選手のおかげ、負ければ監督のせい」となる監督業に自身は就くつもりはないとしながらも、その厳しい世界で長きに渡り指揮してきた西野監督の偉業を称えている。

「10年間で7つのタイトルを獲得した西野監督。日本人で一番の監督やと俺は思う。GAMBAで一つの時代を作ったと俺は思ってます」

 さらに自身が2006年のプロ入りから2010年までG大阪に所属し、指導を受けていたことにも言及。「俺にとってはプロになって初めての監督。5年間、西野監督のもとでホンマにいろんな事を教わった。今の俺があるのは西野監督のおかげ。俺の中ではずっと特別な監督であるのに間違いない」として、尊敬の念を抱いていることを明かした。また、「いつか西野監督が率いるチームと試合をした時にやっつけてやろうと思ってます。そして、俺がもっともっと成長した姿も見せたいね」という新たな目標ができたともコメント。

 2人の間にある厚い信頼関係を明かした安田は、「西野監督、GAMBAでの10年間本当にお疲れ様でした」と労いの言葉で締め、感謝を送っている。

[写真]=安田健示

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA