2011.12.02

柏、名古屋、G大阪、三つ巴の覇権争いでの優勝の条件/J1最終節

 柏、名古屋、G大阪の3クラブに優勝の可能性がある中で迎えるJ1最終節は、12月3日15時半に全試合が同時にキックオフされる。



 柏は名将ネルシーニョ監督に率いられ、緻密な組織と団結力で白星を積み重ねてきた。組織されたチームの中にも北嶋秀朗や酒井宏樹、田中順也といった選手が個性を発揮。レアンドロ・ドミンゲスとジョルジ・ワグネルという強力外国人選手がチームにフィットし、“J1昇格1年目の優勝”という快挙を目前に控えている。

 前節のホーム最終節ではやや硬さが目立ったものの、底力を発揮して「優勝へ向けた大きな勝ち点1」(ネルシーニョ監督)を積み重ねた。最終節は残留争いを展開する浦和とのアウェー戦。勝ち点3を獲得すれば自動的に優勝が決められる最も優位な立場にあるが、最もプレッシャーを受けるチームでもあるだけにメンタル面が大きな鍵を握りそうだ。

 昨季の王者である2位の名古屋は怒涛の5連勝中と、最も勢いのあるチーム。田中マルクス闘莉王と楢崎正剛を中心とする守備陣は安定感抜群で、攻撃面も5試合で15得点と充実の一途。玉田圭司の技術、ケネディの高さ、ジョーカー永井謙佑のスピードという特徴の異なる武器を持ち合わせている。何より、昨季、Jリーグを勝ち抜いた経験があるということは最大の強みだ。今季、新潟にはホームで4-0と快勝している。

 3位のG大阪は、西野朗監督の今季限りでの退任が決定。集大成ともなる試合で、頂点に上り詰めたいところ。難敵清水を相手にするが、優勝するためには勝利が絶対条件。遠藤保仁を中心とした攻撃的サッカーでリーグ最多得点を誇る攻撃陣の爆発に期待がかかる。

 白熱の優勝争い、それぞれの思いを懸けたリーグ最終節。栄冠に輝くクラブは果たして……。以下が、各クラブの優勝の条件である。

■J1優勝争い第33節終了時点
1位 柏 勝ち点69
2位 名古屋 勝ち点68
3位 G大阪 勝ち点67

☆柏・優勝の条件(○勝利、△引き分け、●敗戦)
・柏○→無条件で優勝
・柏△→名古屋△以下、G大阪△以下で優勝
・柏●→名古屋●、G大阪△以下で優勝

☆名古屋・優勝の条件
・名古屋○→柏△以下で優勝
・名古屋△→柏●、G大阪△以下で優勝

☆G大阪・優勝の条件
・G大阪○→柏△以下、名古屋△以下で優勝

[写真]=野口岳彦、足立雅史、安田健示

欧州リーグ順位表

リヴァプール
85pt
マンチェスター・C
83pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
67pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
58pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
74pt
アトレティコ・マドリード
65pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
84pt
ナポリ
67pt
インテル
60pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
大分
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
19pt
山形
18pt
大宮
17pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る