2011.12.01

澤、今後も海外クラブとの対戦を熱望「普段では感じられない部分がある」

 11月30日にTOYOTA Vitz CUPが国立競技場で行われ、なでしこリーグを制したINAC神戸と、イングランドで3冠を達成したアーセナル・レディースの一戦は1-1の引き分けに終わった。

 試合後、INAC神戸MFの澤穂希が、海外クラブと戦った印象を語っている。

「自分達が思っていた以上にボールも回せました。なかなか代表選手にならないと海外の選手と戦う機会がなかったので、本当に今日はいい機会だったし、もっともっと世界のクラブチームと対戦したい」

「(世界のチームとの差は)フィジカルの強さとかスピードはあるなと思いました。(球際の激しさは)普段のリーグ戦では感じられない部分でしたね」

「(チャンスを決めきれない展開だったが)シュートチャンスはすごく多かったんですけど、やっぱり最後のフィニッシュがなかなか。いつもながらに、最近の課題ですね」

「(1万人を超える観客が入ったことについて)沢山の方々に応援していただけるのはすごく感謝していますし、やっぱり選手としては沢山のお客さんの中で サッカーができるということは、すごく幸せなことなので。またお客さんに来てもらえるように、結果を出せるようにチーム一丸となって頑張りたいと思います」

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る