2011.12.01

アーセナル戦で先制アシストの川澄「チャンスをしっかり決めないと」

 11月30日にTOYOTA Vitz CUPが国立競技場で行われ、なでしこリーグを制したINAC神戸と、イングランドで3冠を達成したアーセナル・レディースの一戦は1-1の引き分けに終わった。

 試合後、先制点をアシストしたINAC神戸FWの川澄奈穂美が、海外クラブと戦った印象を語っている。

「(通用する部分は)ポゼッションです。でも回しているだけでは勝てないので、最後のフィニッシュの部分も。チャンスは作っていたので、最後を決めきる。そこはもう個人の技術なので。何度もチャンスはあったので、決めなければいけないなとは思いました」

「(なでしこリーグとの感覚の違いはあったか)今日はあまりそういう感じはなかったですね。飛び込んできてくれると、うまくかわせたり、ワンツーで抜けやすかったです」

「なでしこリーグのチームのほうが、もう少し頭を使ってやってくるなという感じはしました。もちろんディフェンスの質は違いますけど、やりやすい、やりにくいで言ったら、今日のほうがやりやすかったですね」

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
48pt
FC東京
40pt
川崎F
39pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る