2011.11.28

U-22日本代表ファン1700人が選ぶシリア戦のMVPは大津祐樹

 U-22日本代表はロンドン・オリンピックへの出場権を懸けて27日にシリアと対戦。終了間際まで同点で進んだ試合だったが、大津祐樹の決勝弾により勝ち点3を獲得した。『SOCCERKING』では、ユーザーを対象にアンケートを実施。シリア戦のMVPについて投票を募り、1764人が回答を寄せた。

 1位に選ばれたのは決勝点を決めた大津。全体の6割以上となる1122票を獲得した。「貫禄の2試合連続ゴール!! アウェーでもシリアを叩いて、五輪出場権を獲得して下さい」と、勝負強さを称賛する意見が相次ぎ、「本当にドイツで頑張っているんだなって今日のプレー見て感じて、本当に感動した」など、ボルシアMGへの移籍が成長に繋がっていると多くのファンが感じたようだ。

 2位になったのは扇原貴宏(159票)。「扇原は遠藤の後継者になるかも、と思わせるプレーだった。大津も大変良かったが、今後の日本代表を考える上でシリア戦の扇原の出来は大きな収穫」と絶賛の声が寄せられた。

 そして3位には山田直輝(130票)がランクイン。「頭脳も体もフル回転で突っ走った。どんな場面にも1枚噛んで現れる読みのセンス。『この試合だけは何としても勝つ』。メンバーの中では小さな背中に、だれよりも大きく書いてピッチを走っているように見えました」と、山田の動きに感動を覚えたファンも多かったようだ。

 なお、大津は22日のバーレーン戦でも得点を挙げてMVPとなり、2試合連続で日本をけん引したことになる。

■SKアンケート結果:U-22日本代表、シリア戦のMVPを選ぼう!!

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る