2011.11.27

主将を務めた権田修一「チームのスタイルは出せた」/ロンドン五輪予選

 27日にロンドン・オリンピック出場権を懸けたアジア最終予選第3戦が行われ、U-22日本代表はホームでU-22シリア代表と対戦し、2-1で勝利。グループC首位に浮上した。

 試合後、キャプテンを務めたGK権田修一は以下のように語っている。

「(1失点は喫したが)勝ったからいいですよ、これはマジで。今日は比嘉(祐介)くんの意外性に限りますね。あんないいクロスを上げるところなんて見たことないんで(笑)。もう、試合の流れとか関係ないんでしょうね。同点になった後もチーム全体が下を向かずに戦えていたし、どんな状況でもひるまずに仕掛けられるのが比嘉くんの良さ。様々っす(笑)」

「お客さんの入りも良かったですね。ありがとうございます。上のスタンドは開けていなかったけど、2万5000人であんなに満員に見えるんですね(笑)」

「ホームでグラウンドの良さがあったことを差し引いても、チームとしてこういうサッカーがしたいというスタイルは出せたと思う。どんな環境でも同じサッカーができるはず。あとはピッチが悪かったりした時に、どれだけリスクヘッジして戦えるかでしょうね。失点シーンもちゃんとコミュニケーションを取って反省できているし、点を取られた後にばたつかなかったのも成長している部分だと思います。チームはどんどん良くなっていますね。相手にプレスをかけられても、うまくボールを回したり、数的優位を作ることができていましたから」

「今日はとにかく勝ち点3が目標だったので、とりあえず勝つことができて良かった。相手は次の試合で勝たなきゃいけなくなったので、プレッシャーを感じると思う。クウェートとの2次予選ではホームで勝った後に(点差が開いたこともあって)アウェーで負けているけど、今日の試合で注意すべき選手はハッキリし たし、この試合の反省点を次につなげて、しっかり準備をしていきたいです」

[写真]=足立雅史

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る