2011.11.27

シリア監督「おめでとう日本、我々はロンドンが遠のいた」/ロンドン五輪予選

 27日にロンドン・オリンピック出場権を懸けたアジア最終予選第3戦が行われ、U-22日本代表はホームでU-22シリア代表と対戦し、2-1で勝利。グループC首位に浮上した。

 試合後の記者会見に臨んだシリアのイマド・エッディン・ハンカン監督は以下のように語っている。

「今日はとても美しい試合だった。両チームが勝ち抜きたいという思いで戦った。お互いゴールのチャンスはあったが、すべてがゴールにつながることはなかった。日本の勝利は正当な結果だったと思う」

「日本は、とても技術の高い選手がそろい、よく準備してきていた。我々も準備を重ねてきたが、チャンスを得点に結びつけられなかった。この場を借りて、日本に『おめでとう』と言いたい。今日、日本に勝てればロンドンが見えたが、今はロンドンが遠のいたように感じている」

「(引き分け狙いでなかった理由は)日本は自分たちの地で勝つことが当たり前かもしれないが、我々は日本の弱点をつき、得点を奪おうとした。ただ、得点は1点だけに終わり、準備の差も大きかったと思う」

「(日本へのコンプレックスは)日本は技術が我々よりも高く、経験もある。ただ、試合では勝つチャンスが多かった。けど、それを生かし切れなかった。近年、日本のサッカーはますます発展している。ただ、もちろんシリアもさらなる発展を目指している」

「(次の日本戦に向けては)勝つことを希望している。日本の選手と監督を尊敬している。平和を取り戻し、次はシリアで戦いたいと思います」

[写真]=山口剛生

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
62pt
福岡
61pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る