FOLLOW US

甲府・佐久間監督「プロとして、男としての『生き様』をどう見せるか」/J1第33節

 27日、J1第33節が行われ、16位甲府が新潟に3-0で勝利した。15位浦和との勝ち点差は3、得失点差では14と大きく水を空けられており、残留はほぼ絶望的な状況の甲府だが、監督・選手たちは奇跡を信じて最終節への意気込みを口にした。
 
 以下、佐久間悟監督のコメント。

「昨日、浦和が勝利したことで、今日のミーティングではその現実を受け入れたうえで、ここから残り2試合、プロとして、男としての『生き様』をどのように見せていくかという話をしました」

「得点差のこともありましたが、簡単に失点してしまったらゲームが壊れてしまうので、ごくごく一般的な試合の入り方をしました。それでも、選手には少し緊張があったように感じました。良い時間に先に1点獲れたんですが、アクシデントで後半が始まるまでに交替枠を2つ使わなくてはいけなくなり、後半の入り方もあまり良くなかった。でも、ラッキーな形で2点目が入って、当然得失点差も意識していたので、最後まで得点のチャンスを増やそうとして、システムや選手を交替した結果、3-0のゲームになりました。あと2、3点獲れるチャンスはあったと思いますが、とりあえず次の大宮戦で負けない。簡単に失点しない。1 点ずつ得点を積み重ねる。そういった作業をしていきたい」

「責任は強く感じていますし、深く反省もしていますが、私自身行き当たりばったりにやっている訳ではなく、多面的に検証して、プロセスを大切にしてやっているつもりです。もちろん、この世界は結果が重要です。ただ、私がこのクラブに呼ばれたときに海野社長から『予算は少ないけど、なんとしてでも日本を代表する地域に密着した育成型のクラブにしたい』と言われたことを忘れる訳にはいかない。あとはサポーターのみなさんがどう考えるかも重要です」

[写真]=山口剛生

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA