FOLLOW US

J1初ゴールで先制点をあげた片桐「遅くなってすいません」

 27日、J1第33節が行われ、16位甲府が新潟に3-0で勝利した。15位浦和との勝ち点差は3、得失点差では14と大きく水を空けられており、残留はほぼ絶望的な状況の甲府だが、選手たちは奇跡を信じて最終節への意気込みを口にした。
 以下、先制点を決めた片桐淳至のコメント。片桐はこのゴールがJ1初ゴールとなった。

「ゴールを決めても、すぐボールのところに走っていったのは、1点くらいじゃ全然状況は変わらないから。欲を言えば、あと3点くらいほしかった内容のゲーム。今までは前線の選手に点を取らせるサッカーだったけど、今日は前線が起点になるサッカーだった。カバーしてキープしてくれて、2列目の飛び出しをうながしてくれた。本来こういう形があってよかった。今まで、2列目の選手のゴールがほとんどなく燻ぶっていたのは、自分たち2列目の選手が甘かったんだと思った」

「(プロ10年目でのJ1初ゴールは)率直に嬉しいけど、山梨の人たちには『遅くなってすいません』だね。すごく自分には、期待してもらっていたからね。今日は何がなんでも、自分が点を取ろうと思っていた。ファーストシュートも自分だったし、3本くらい撃ったのかな」

「次の大宮戦は、子どものサッカーみたいな話かもしれないけど、10点取れば何とかなる。マイクに得点王も獲らせてあげたいし、やるだけやって、もがけるだけもがいて、今シーズンを締め括りたい」

[写真]=山口剛生

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA