2011.11.26

G大阪、イ・グノ「最終節で勝って結果を待つだけ」/J1第33節

 J1第33節が26日に行われ、G大阪はホームで仙台と対戦。優勝のためには負けられないG大阪は、25分にイ・グノが得点を奪い、1-0で勝利した。今節の結果、首位の柏が引き分けに終わったため、G大阪は優勝の可能性を残すこととなっている。

 試合後、G大阪の選手たちは以下のように語った。

イ・グノ
「みんなの勝ちたいという意思が1-0という結果に強く表れた試合だったと思います。誰もがホーム最後の試合ということで力が入っていたし、いい緊張感をもって試合に挑んだ中で力を出せた。僕らにも優勝の可能性が残った。あとは最終節に勝って結果を待つだけです」

藤春廣輝
「監督の退任が決まってしまった中で、ホーム最終戦だし絶対に勝ってやろうと臨んだ試合だった。それが前半のいいサッカーに繋がったと思うし、勝利に繋がったんだと思う。アシストのシーンは、ボールを受けたときにフリーだったので落ち着いてクロスをあげました。それが得点に繋がってよかった」

藤ヶ谷陽介
「先制点をとれたのが大きかった。後半は押し込まれるシーンもありましたが、全員が集中していたし、最後ゴール前のところはみんなが身体をはって守ってくれたし、最後の危ないシーンも(金)正也がすごいスピードで戻って来てスライディングしてくれたので本当に助かりました。(他の結果は気になっていましたか?)試合中は全く気にならなかった。僕らは勝つこと以外、望みがなかったですから。これは次も同じです。次の試合も今日と変わらず、僕らが勝つしか可能性が残らないので、まずは、そこに集中して戦うだけ。あとは、なるようになる、と。これまで通り自分たちの試合をしてとにかく勝つことだけに集中して戦います」

明神智和
「中盤をいつものボックスではなく、ダイヤモンドに変更して臨んだ試合でしたが特に違和感なくやれたと思います。僕は真ん中だったので、そこだけはあけないように、相手の2トップに対してセンターバックと一緒にディフェンスをできれば、そんなに危ないシーンは作られないのかなと思っていました」

「先に先制したことで気持ち的にはかなり楽になった部分はあったと思う。今日は特に勝つことが一番大事だっただけに、点を獲れたことでより落ち着いて、かつ、泥臭くしぶとく戦えた。今日はいろんな意味で勝たないと、勝って終わらなければいけないという試合だったし、全員が結果を、ということを意識して戦っていた」

[写真]=安田健示

欧州リーグ順位表

チェルシー
6pt
トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る