2011.11.26

名古屋・ストイコビッチ「最後まで諦めない精神力を」/J1第33節

 J1第33節が26日に行われ、2位の名古屋は山形と対戦。名古屋は序盤から山形を圧倒し、田中マルクス闘莉王の得点などで3-0と快勝した。この結果、首位の柏が引き分けに終わったため、両者の勝ち点差は1に。最終節で名古屋が勝利し、柏が引き分け以下に終われば逆転優勝となる。

 試合後、ドラガン・ストイコビッチ監督は以下のように語った。

「まず始めに我々の選手たちに『おめでとう』という言葉を贈りたい。今日の1勝はとても大きかった。予期した通りの結果になった。最初の1点目は、ケネディが素晴らしいゴールを決めてくれた。それから我々がゲームをコントロールして良い形に持っていけたと思う。私としても今日のゲームの勝利は嬉しいし、我々のメンタリティがしっかりと出せた」

――後半、金崎夢生選手と三都主アレサンドロ選手を入れましたが、どのような意図が?
「3-0になった時点で、ほぼゲームを決定づけられたような感があったので、後半に2人同時に代えたが、ある程度のペースダウンとなった。ただこの交代には2つの理由がある。1つはけがを避けるため、2つ目はディフェンスの阿部(翔平)、田中(隼磨)、増川(隆洋)が3枚イエローカードが溜まっていたため、もう1枚貰ってしまうと次のゲームが出られない。そのことも考慮して交代をさせた」

――得点王争いをしているケネディ選手が点を取って、カードを貰わないという戦略もはまって、監督のシナリオ通りだったと思います。最終節のシナリオはどのようになるのでしょうか?
「今日の試合では戦術的な部分、技術的な部分を選手がしっかりと出してくれて満足している。我々の期待通りの展開となった。けが人もなくカードを貰うこともなく、勝点3を取れたことはとても良かった。次の新潟戦は、内容はハードになると思うし、我々もチャレンジしていかなくてはいけないゲームになる。我々としても最後に良いゲームをしたいし、私たちのポリシーである強いメンタリティ、最後まで諦めない強い精神力を持ってしっかりと戦いたい。本当に今日の勝利は大きかった。今年出している強さが出れば上手くいくと思う」

――後半から出場した金崎選手の評価は?
「35分くらい出場したが、他の選手と同様にしっかりとやってくれた。金崎については100%フィットした状態が望ましいが、それが今出せていると思っている」

――セットプレーのキッカーの質についてはどう変化していると思いますか?
「藤本(淳吾)と小川(佳純)については確かに良くなっている。今後も必要なことは同じクオリティを出すこと、良いクロスを上げることなどが今以上に求められてくる。今年は本当にパーフェクトなボールがペナルティボックスの中に入っている。チームにとってはとても良いことだと思う」

[写真]=足立雅史

欧州リーグ順位表

チェルシー
6pt
トッテナム
6pt
ボーンマス
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る