FOLLOW US

名古屋・闘莉王「ネジを巻きなおして最後に勝つだけ」/J1第33節

 J1第33節が26日に行われ、2位の名古屋は山形と対戦。名古屋は序盤から山形を圧倒し、田中マルクス闘莉王の得点などで3-0と快勝した。この結果、首位の柏が引き分けに終わったため、両者の勝ち点差は1に。最終節で名古屋が勝利し、柏が引き分け以下に終われば逆転優勝となる。

 試合後、闘莉王は以下のように語っている。

田中マルクス闘莉王
「(自分の得点は)2点ともボールが良かった。前半のうちに3点目が欲しかったから、あれが決まって良かった。もう相手がどうこうではなく、俺たちは勝つだけ。勝つことだけを考えてプレーしている」

「ただ後半の戦いは良くなかった。3点差がついたので、みんな『これでいい』という感じになってしまった。だからまた次の試合はネジを巻き直さないといけない。柏のことをどうのこうのは考えていない。勝つために新潟に行くだけ。簡単には勝てないと思う。新潟は名古屋が苦手なタイプ。悔いのないように戦わないといけない。でも今日の勝ちはデカい」

小川佳純
「全員揃って最終戦に出られる。今日は累積警告でリーチがかかっていた選手がイエローカードをもらわなかったし、けが人も出なかった。ケネディへのアシストはイメージ通りだった。速いボールを入れておけば、うちの高さは反則的なので(笑)。柏のことは考えず、最後の試合もしっかり戦って結果を待ちたい」

[写真]=足立雅史

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA