FOLLOW US

名古屋・楢崎「優勝争いの緊張感を味わえて嬉しい」/J1第33節

 J1第33節が26日に行われ、2位の名古屋は山形と対戦。名古屋は序盤から山形を圧倒し、田中マルクス闘莉王の得点などで3-0と快勝した。この結果、首位の柏が引き分けに終わったため、両者の勝ち点差は1に。最終節で名古屋が勝利し、柏が引き分け以下に終われば逆転優勝となる。

 試合後、楢崎正剛とケネディは以下のように語っている。

楢崎正剛
「相手は失うものは何もないので、もっと前から来ると思っていたけど、そんなに来なかった。陣形を壊したくはなかったのか、後半になっても同じだった。前半のセーブはああいうプレーをきっちりしないと『何のために試合してんねん』と言われてしまうので(笑)」

「優勝争いに関しては、もちろん上にいる立場の方が有利。柏の方にアドバンテージがある。でももしこういう戦いの経験がなくてプレッシャーを感じて相手が動揺しているのなら、それはチャンス。でも状況はまだわからない。今回引き分けたことで、また相手もネジを巻き直してくるでしょうし。だから僕らは勝ち続けるしかない」

「ここに来てチームが連勝できていることは自信になる。尻に火がついてから頑張るのは好きではないけど(笑)、追い込まれながらも試合に勝てるのはメンタルが強いから。それはチームの自信になっているし、去年の優勝からの流れでもある。自分たちが悪いプレーをしなければ勝てるという確信もある。何事も積み重ねだと思う。こういう緊張感のあるしびれる感覚を味わえることは選手として嬉しいこと」

ケネディ
「今日はただ勝つために戦った。みんながしっかりとしたプレーをしていたと思う。うちのセットプレーは相手にとっては脅威。自分の得点もお手本のような形だった。いいボールがペナルティエリア内に入りさえすれば、かなりの高い確率で得点を決めることができる。柏にとっても名古屋にとっても重みのある試合が続く。次もしっかり勝ち点3を取って、いい結果を待ちたい」

[写真]=足立雅史

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA