2011.11.26

柏・レアンドロ「最後は勝ってタイトルを手にしたい」/J1第33節

 J1第33節が26日に行われ、首位の柏はC大阪と対戦。ホームでの1戦は、C大阪に先制を許しながらも、レアンドロ・ドミンゲスの得点で追いつき、 1-1の引き分けに終わった。この結果、勝ち点1の獲得にとどまったが、首位を守り、最終節の浦和戦に勝利すれば自力優勝を決められることとなった。

 試合後、レアンドロ・ドミンゲスと大谷秀和は以下のように語っている。

レアンドロ・ドミンゲス
「首位に立っている時間が長かったので、あまり周囲の状況を気にすることなく試合に臨めた。勝つことはできなかったが、後半の早い時間に失点した中でチームとして落ち着き、フィードやパスをつないでいく自分たちのサッカーを徐々に発揮して同点ゴールを決められたことは良かった」

「得点の場面は、(田中)順也がきっちり落としてくれたので、冷静に左足で決めることができた。ただ、他にも順也がうまくパスをくれた場面があったので、 そこも決めたかった。次の試合も相手をリスペクトはするが、もちろん勝利を目指して戦うし、最後はタイトルを手にしたい。自信を持って戦えると思う」

大谷秀和
「ホーム最終戦だったので勝ち点3を取りたかったですが、勝ち点1を手にできたのは最低限と言うか、次につなげることはできたと思う。(優勝が懸かる試合という)独特の雰囲気はありましたが、名古屋やG大阪は勝つだろうと思っていたし、優勝に関してはあまり意識せず、いつもどおり試合に入りました。次の試合に勝てば、自分たちで優勝を決められるので、今日の1ポイントはそういう意味でも大きかったと思う。勝てば優勝とシンプルに考えられる。最終戦では勝つためのプレーをして、何が何でも優勝をつかみたいです」

[写真]=清原茂樹

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
バレンシア
46pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る