2011.11.26

柏・ネルシーニョ監督「優勝のための大きな勝ち点1」/J1第33節

 J1第33節が26日に行われ、首位の柏はC大阪と対戦。ホームでの1戦は、C大阪に先制を許しながらも、レアンドロ・ドミンゲスの得点で追いつき、 1-1の引き分けに終わった。この結果、勝ち点1の獲得のみにとどまったが、首位を守り、最終節の浦和戦に勝利すれば自力優勝を決められることとなった。

 試合後、ネルシーニョ監督は以下のように語っている。

「非常にモビリティを競い合った難しいレースでした。前半は相手の中盤から前の動きだしや質についていくことができず、なかなかうまくはまらなかった。選手たちの勝ちたいという気持ちが強すぎて、ルーズになっていたのかと思います。ハーフタイムにはその点を修正しました」

「後半、徐々に相手のスペースを消して、交代選手も良い役割をしてくれた。守備を安定させ、攻撃もカウンターを発動させてくれた。その結果、非常に大きな勝ち点1を手にした。埼玉へ行ってチャンピオンを決めるための第一歩となる大事な勝ち点だった」

-前半はメンタル面の問題があったのか
「私は硬さの問題ではないと思います。相手の3ボランチが引きながら、うちのボランチを引き出し、播戸(竜二)選手や清武(弘嗣)選手にスペースを与えてしまっていた。そこがうまくはまらなかった。後半はレアンドロ(ドミンゲス)のサイドを修正し、攻守にわたって彼が基点になれるようにした」

-浦和戦への意識について
「最初から埼玉で戦うことは決まっていますから、今日が勝ち点1であれ、何も変わりません」

-田中順也の起用法について
「彼は信頼する若手です。途中から投入するときはチームの特徴を変えるということを期待している。波のあった時期もあったが、自信を取り戻している。前節の清水戦も含めてチームに貢献してくれている」

-水野晃樹のサイドバックでの起用について
「準備していました。天皇杯で試しましたし、もともとサイドの選手。右サイドに攻めるスペースがあったので投入した」

-首位の原動力と、最終戦への意気込みについて
「チーム全員の気持ちが原動力だと思っています。みんなが気持ちを一つにする姿勢です。最終節は勝負にこだわった試合になる。必要な回復を選手に与えて、準備を怠らないようにしたい」

[写真]=野口岳彦

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
チェルシー
6pt
ワトフォード
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る