FOLLOW US

柏がドローで名古屋とG大阪は勝利…優勝の行方は最終節へ/J1第33節

 J1第33節が26日に行われ、首位の柏はホームにC大阪を迎えた。柏はホーム最終戦となる今節で勝利し、2位の名古屋が引き分け以下に終われば悲願の優勝を決められる状況だったが、前半から硬さが目立ち、前半を0-0で折り返す。すると48分、CKから上本大海に決められてしまい、C大阪に先制を許してしまう。

 しかし、負けの許されない柏は反撃を開始。途中出場の水野晃樹が鋭いミドルシュートでゴールを脅かすと、65分、水野のスローインを工藤壮人がバックヘッドでそらし、田中順也が落として最後はレアンドロ・ドミンゲスがシュートをネットへと突き刺した。柏が同点に追いつく。

 その後、怒涛の攻撃を繰り出す柏。しかし結局、最後まで勝ち越し点を奪うことはできなかった。とはいえ、勝ち点1を積み重ねた柏は首位を守り、最終節で勝利すれば自力で優勝を決められる状況となっている。

 なお、2位の名古屋は田中マルクス闘莉王の得点などで山形に快勝。G大阪も仙台に勝利し、勝ち点3を積み重ねた。この結果、柏が勝ち点69、名古屋が68、G大阪が67となり、3チームに優勝の可能性が残ったまま、最終節を迎えることになった。

■J1優勝争い第33節終了時点
1位 柏 勝ち点69
2位 名古屋 勝ち点68
3位 G大阪 勝ち点67

[写真]=野口岳彦

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA