2011.11.26

優勝に王手の柏・ネルシーニョ監督「一戦一戦の積み重ねの結果」

 柏を率いるネルシーニョ監督は、2試合を残すのみとなったJ1での優勝に向けて意気込みを語った。首位の柏は26日に行われるJ1第33節でC大阪戦と対戦。柏が勝利し、2位の名古屋が引き分け以下に終わるか、柏が引き分け、名古屋が敗戦、3位G大阪が引き分け以下の結果となれば、昇格1年目の優勝という快挙を成し遂げることになる。

 ネルシーニョ監督は以下のように語り、優勝へ向けて意気込んだ。

「2010年から積み上げてきたことを継続していくという共通理解の中で指導にあたりました。開幕前には6位以内という目標を話していましたし、その位置を目指してフロント、スタッフ、そして選手が努力しながらまい進してきた。一戦一戦、結果を残すために、勝つために戦ってきた。そういった戦いの積み上げにより、今の成績を収められている」

「(ポイントとなった試合を)2試合挙げるとすれば、C大阪と磐田戦。この2試合の敗戦、しかも大量失点による敗戦は、今でも得失点差に響いている。しかし、それよりもあの教訓を生かしてチームが成長できた。タイトルを目指せるチームの自信と成長を勝ち得たと思っています。本当にタイトル獲得は難しいものだと思いますが、自信を持ってやっている」

「C大阪戦ですが、相手はもう上に行くチャンスも降格する危険もない。伏兵のような相手ですが、だからこそ非常に危険。我々はとにかく今まで通り、自分たちのすべきことをしっかりとやって臨みたい。残り2試合で勝ち点3のアドバンテージを持っている。これは大きいですし、しっかりと自覚しています。その差を縮められないように、アドバンテージを譲ることなく戦っていきたい。清水戦の勝利は、チームに安定をもたらしています。きっと良い結果が残せると期待し、試合に臨みたい」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
レヴァークーゼン
38pt
ライプツィヒ
38pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
52pt
バレンシア
46pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
63pt
ユヴェントス
62pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る