2011.11.24

本田&香川、アジアMVPを逃す…日本は9部門を制覇

 23日にマレーシア・クアラルンプールで『AFC ANNUAL AWARDS 2011』が行われ、男女の年間最優秀選手賞をはじめ、各賞の受賞者が発表された。

 日本からは女子の最優秀選手賞で、岡山湯郷に所属するなでしこジャパンMF宮間あやが選出されたほか、最優秀男子監督賞にはなでしこジャパンの佐々木則夫監督が、最優秀ユース選手賞には清水ユースに所属するMF石毛秀樹がそれぞれ選ばれている。他にも男女での年間最優秀代表チームなど、日本勢は合計9部門を受賞した。

 なお、CSKAモスクワMFの本田圭佑とドルトムントMFの香川真司が最終候補6名に残っていた男子の年間最優秀選手賞は、FCソウルに所属するウズベキスタン代表MFセルベル・ジェパロフが2008年以来、2度目の受賞。AFC(アジアサッカー連盟)のルールにより、授賞式に出席できない選手は選出されないため、本田と香川は受賞を逃している。

[写真]=兼子愼一郎

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る