2011.11.24

清水ユースの石毛が最優秀ユース選手賞を受賞…小野らに続く4人目の快挙

 23日にマレーシア・クアラルンプールで『AFC ANNUAL AWARDS 2011』が開催され、清水ユースに所属するMF石毛秀樹が最優秀ユース選手賞に選出された。

 石毛は、U-17日本代表として今夏にメキシコで行われたFIFA U-17ワールドカップに出場。決勝トーナメント1回戦のニュージーランド戦で2得点をマークするなど、3得点を決めて、日本の18年ぶりのベスト8入りに大きく貢献していた。

 AFC(アジアサッカー連盟は)は、公式HP上で石毛の喜びのコメントを伝えている。

「今回、この賞をいただき大変光栄に思います。これは、家族、友人、チームメート、コーチの方々など支えてくれたすべての方々のおかげです。この賞を胸に日々努力していきたいと思います」

 日本人男子の受賞は、清水MFの小野伸二や磐田FW前田遼一、神戸FW大久保嘉人に続き、8年ぶり4回目。日本人女子では日テレ・ベレーザに所属するなでしこジャパンFWの岩渕真奈が2008、2009年と2年連続で受賞している。

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る