2011.11.23

U-22日本代表ファン1200人が選ぶバーレーン戦MVPは大津

 U-22日本代表は22日、ロンドン・オリンピックへの出場権を懸けたアジア最終予選でU-22バーレーン代表と対戦し、大津祐樹と東慶悟の得点で2-0の勝利を収めた。『SOCCERKING』ではアンケートを実施。この試合のMVPを選出してもらい、1243人により中から殊勲者が選ばれた。

 1位に輝いたのは、先制点を奪取し日本に勢いをもたらした大津(528票)。ボルシアMGへ移籍し、ドイツで着実に成長を続ける若武者の躍動に多くの賛辞が集まった。「大津さんのプレー、キレキレでした!」「前半の日本の攻撃はほぼ大津の左サイドからだった。相手にとって嫌な選手だったと思う」といった声が寄せられた。

 2位は守備面で存在感を発揮した扇原貴宏がランクイン。「扇原の中盤での潰しが機能していた」のように、失点を0に抑えたことが勝利につながったとの意見を持ったファンが多かったようだ。

 以下、3位には追加点を挙げた東、4位には闘志溢れるプレーで中盤をけん引した山田直輝、5位には無失点勝利に貢献したGK権田修一の名前が挙がっている。

 また、日本のプレーぶりについては称賛する声がある一方で、「もう少し落ち着いてパスを回せたらもって日本らしいサッカーができたと思います。確かにアウェイでプレスも速かったですがそこを回せたらなと思いました。次はホームだし頑張ってほしいです」のように、パフォーマンスの向上に期待する意見も。27日のシリア戦では内容的な充実と、勝ち点3の獲得が期待されるところだ。

Jリーグ順位表

神戸
1pt
鳥栖
1pt
札幌
0pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る