2011.11.23

フル出場の酒井宏「先制点で楽になった」/ロンドン五輪予選

 U-22日本代表は22日、ロンドン・オリンピックへの出場権を懸けたアジア最終予選でU-22バーレーン代表と対戦し、大津祐樹と東慶悟の得点で2-0の勝利を収めた。

 試合後のインタビューで、酒井宏樹は以下のように語っている。

「予想はしていたが、バーレーンが速くて。後手後手になった。(痛がった素振りを見せていた手は)しびれたけど、大丈夫。難しい試合だったが、先制点で楽になった」

-今日の守備陣のテーマは?
「セーフティーに、難しいことせずに。芝も悪かった。そういう点では(濱田)水輝と(鈴木)大輔君がパーフェクトだったと思います。風も気になりましたけど、今日だけなので。とりあえず勝てて良かったです」

-攻撃面について
「期待にこたえられず、守備的になって。ただ機を見れば上がれるし、そういうチームなので、やっていきたい」

-シリア戦について
「今度はホームなのでファンの人も後押しもある。勝ちことが義務付けられるので絶対に勝ちます」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
25pt
FC東京
16pt
川崎F
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
大分
21pt
岡山
21pt
山口
20pt
Jリーグ順位をもっと見る
鳥取
14pt
沼津
13pt
YS横浜
11pt
Jリーグ順位をもっと見る