2011.11.23

権田「誰が出ても高いレベルを維持できると示した」/ロンドン五輪予選

 U-22日本代表は22日、ロンドン・オリンピックへの出場権を懸けたアジア最終予選でU-22バーレーン代表と対戦し、大津祐樹と東慶悟の得点で2-0の勝利を収めた。

 試合後のインタビューで、守護神の権田修一は以下のように語っている。

「勝ち点3を取りたかったので、点を取って失点0で抑えられて良かった」

-相手が前がかりに来ていたが
「ある程度想定内だった。バーレーンは初戦負けていたし、テンション高く来ていた。注意して入って良かった。風があって、前半も1本ミドルシュートで危ない場面があったし、僕のところに向けて放り込んでくることもあったので難しかったですけど、練習してきた甲斐がありました」

-メンバーが入れ替わっていたが
「このチームはメンバーが入れ替わっても高いレベルでできる選手の集まり。それを示せた試合だった」

-シリア戦について
「ホームに帰ったらたくさんの応援の中でできると思うので、コンディションを整えてしっかり勝ちたい。まだ何も決まっていないので勝ち点を重ねることがロンドンに繋がっていくと思う」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る