2011.11.23

関塚監督「チームの一体感でつかんだ勝利」/ロンドン五輪予選

 U-22日本代表は22日、ロンドン・オリンピックへの出場権を懸けたアジア最終予選でU-22バーレーン代表と対戦し、大津祐樹と東慶悟の得点で2-0の勝利を収めた。

 試合後のインタビューで、関塚隆監督は以下のように語っている。

「最低限の勝ち点3を取れて良かったと思います。非常にピッチコンディションとパススピードが出なくて本来の形ではなったが、アウェーで勝ち点3を積み上げて最低限のことができたと思っています」

-大津について
「この2日間のトレーニングでもコンディションが良かったので、持つところまでやってもらうと思っていた」

-後半開始直後の交代について
「クウェートのアウェーでも後半の立ち上がりにやられていた。押し込まれていたので守備のできる山口螢を入れて、安定させて攻撃に行きたかった。選手は良くやってくれた」

「みんなが今日の戦いを理解し、一体感でつかんだ勝利だと思います。27日に向けて準備して日本で良い戦いをして勝ち点3を積み上げたい」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る