2011.11.19

FC東京・梶山「J1で結果を出し日本代表に入りたい」/J2第36節

 J2第36節が19日に各地で行われ、FC東京は鳥取を5-1で破り、J1への昇格を決めた。まさかの降格から1年。1シーズンで、J1の舞台に戻ることになる。試合後、選手たちは喜びを語った。

梶山陽平
「とりあえずJ1復帰が決まって嬉しい気持ちはあるけど、正式にJ2優勝が確定できた時に初めて今年1年の目標が達成できたことになると思う。コンディション面を含めて、まずは残り2試合に向けてしっかり準備して、全力で戦いたい」

「チームとしては引いてくる相手に対しての戦い方が増えたし、J2に降格したことでいろいろなスタイルの相手と対戦できたことはメリットだったと思う。個人的にはしっかり守備で(相手を)潰してから、ボールをつないで前線へ飛び出すなど、自分の良さである運動量をコンスタントに出せるようになったとは思うけど、そこの質をさらに向上させて、もっと自分の平均値を高めていきたい」

「同年代の選手が日本代表や海外で活躍しているので、来シーズンはJ1で結果を出して日本代表に入ることを具体的な目標にしたい。(本田)圭佑や(香川)真司は海外へ移籍したことでうまくなっているけど、自分の中では『コイツより俺のほうができる』って感じている選手も少なくない。どの相手でも100パーセントの力を出して、チームも個人もJ1で結果を出したい」

徳永悠平
「早くJ1でやりたいと思った。正直、苦しかったんで、ホッとしています。やっぱりFC東京はJ1で戦うべきチームだと思う。昨シーズンは残留争いという プレッシャーを感じる中で結果を出すことができなかったから、今年はサッカーを楽しもうと思っていたし、実際に変なプレッシャーを感じることなく、しっかりと楽しんでプレーすることができた」

「チーム全体でもそういった部分で変わろうとしていて、自分たちでサッカーについて真剣に考え、ピッチの中でも話をする機会がすごく増えたのは、J2で得たプラス材料だったんじゃないかと思います。絶対に1年でJ1に戻ると誓っていたので、その使命を果たすことができて安心しています」

[写真]=山口剛生

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る