FOLLOW US

仙台・手倉森監督「『負けない』メンタリティがある」/J1第32節

 J1第32節が19日に各地で行われ、仙台は浦和と対戦して0-0で引き分けた。試合後、仙台の手倉森誠監督は、以下のように語っている。

「今日のゲームは、また自分達を高めさせてくれるゲームでした。士気の高いレッズに対して、相当の覚悟を持って挑むことになると考えていました。序盤は レッズにボールを動かされてしまいましたが、後半に入って徐々に落ち着いて対応できました。もう少しラストパス、裏を狙えば、状況が変わったかもしれませんが」

「特に、後半はボールが水に食われる状況となって、良い攻撃の形が出ませんでした。ただ、前半に苦しい状況を乗り越えて、アウェーの中で勝ち点1を得たということは、4位を狙う我々にとって、大きなものと感じています。この勝ち点1を次につなげていきたいと思います」

「我々のチームが失点の少ない要因は、まずJ2から上がって2年目というチームで、謙虚さがあるのかと思います。それが『負けたくない』気持ちになり、点を取られたくない気持ちが浸透しているのだと思います。また震災後の『負けない』というメンタリティを持っているからこそ、とも感じています」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO